通貨にも傾向あり

注文で分かるFX
このエントリーをはてなブックマークに追加
外国為替相場では、各国の通貨が取引されています。
FXで取り扱っている通貨もあり、外国為替相場によって、FX市場にも大きな影響を与えます。
FXの主となっている相場が、外国為替相場であるため、実に当たり前のことでしょう。
けれども、そうであるからこそ、重要であるとも言えます。
その表れとも見なせるのが、各国通貨の傾向です。
相場では自由に取引がなされていますが、通貨は経済政策とも密接に関係しているため、一定の傾向が出てくるとも言えます。
では、代表的な通貨には、どのような傾向があるのでしょうか?
まず、ドルであれば、国際政治の影響を受けやすくなっています。
アメリカの通貨ですが、基軸通貨でもあり、国際決済通貨としても、非常に人気があります。
もちろん、FXでも一番手の通貨となっていますが、そうであるからこそ、アメリカの手を離れて、種々の影響を受けやすいのでしょう。
次に、ユーロになります。
これは、EUの統一通貨ですが、ドルと逆の動きをすることで知られています。
現在、EU加盟国の中から債務危機の国でいくつか出てきたため、存続危機にもあるようですが、ドルに次ぐ国際決済通貨でもあり、世界第二位の通貨であることに変わりはないようです。
さらに、イギリスのポンドがあります。
かつての基軸通貨ですが、一日の値動きが激しいことで知られています。
これは、アメリカとEUをつなぐ役割をし、取引が頻繁に行われていることが、主要原因の一つのようです。
なお、世界三大通貨には、円も含まれますが、ポンドも同様です。
一般的には、世界四大通貨ではなく、世界三大通貨として、ドル、ユーロ、円、ポンドとなるようです。

注目のFXについての話はこのサイトがイチオシです

Copyright (C)2017注文で分かるFX.All rights reserved.