FXにもリスクがある

注文で分かるFX
このエントリーをはてなブックマークに追加
投資のリスクについては、このサイトでも、所々で言及しています。
リスク回避のために、FXでの注文方法を知っておくべきことが重要なことが、ここでの趣旨となっています。
しかし、そういうリスクとは、一体どういおうものでしょうか?
まず、FXは、外国為替相場を元としているため、為替変動リスクの影響を受けます。
これは、株式などの価格変動リスクと同様であり、市場の動きが必ずしも期待通りにならないことから起こります。
円安で収益が得られると思っても、円高が続き、それが無理になってしまった、ということでも、為替変動リスクの一種と言えるでしょう。
また、金利変動リスクというものがあります。
これは、金利が変わってしまうことで、金利収益が見込めなくなることです。
FXでは、スワップポイントという金利差益がありますが、それが思った通りにならず、収益が減ってしまうことなどが入ります。
金利は、市場の影響も受けますが、経済政策でも決まるため、各国の政策変更で金利も変わってしまうことがあります。
このため、取引中の通貨発行国の経済ニュースを見聞きしておくことも、大事でしょう。
さらに、現在であれば、システムリスクがあります。
これは、コンピュータネットワークの障害に伴うリスクであり、ネットワークが作動しなくなり、注文できなくなるようなものです。
以上のほか、信用リスクがあります。
これは、業者が倒産することで、振り込んだ証拠金などが返戻されないなどもリスクです。
今では、信託保全制度などもありますが、完璧であると考えることは危険でもあり、信用リスクがあることも、念頭に入れておくべきでしょう。

Copyright (C)2017注文で分かるFX.All rights reserved.